トップ > 滋賀 > 12月30日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

草津出身のSB松田選手が「教室」 野球少年に迫力スイング

児童(右)に打撃を指導する松田選手=草津市の草津グリーンスタジアムで

写真

 草津市出身で、プロ野球パ・リーグの福岡ソフトバンクホークス(SB)所属の内野手、松田宣浩選手(36)による小学生向けの「ジュニア野球教室」が二十九日、同市下笠町の草津グリーンスタジアムであった。県内外の小学四〜六年生ら三百四十人が打撃の極意などを学んだ。

 松田選手は、所属チームの白色ユニホーム姿で登場。児童の目の前で、打撃や守備のこつを伝授した。

 スイング練習では「球が当たってから力を入れてもだめ。音が鳴るくらい、勢いよく振って」と説明しながら、「ビュン」と風を切る、大迫力のフルスイングを披露。子どもたちは「おおー」と歓声を上げた。

 同市老上西小六年の北村駿介君(12)は「とても分かりやすかった。これからはバットをしっかりと振ることを意識したい」と目を輝かせていた。

 教室は、地元の野球指導者らでつくる「ジュニア野球教室実行委員会」が主催。この日は、橋川渉・草津市長から、松田選手に市の「市民栄誉賞」が贈られた。

 (作山哲平)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索