トップ > 滋賀 > 11月26日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

入札不調で13億1000万円増額 彦根市の新体育センター建設費

 彦根市は二十五日、市議会十二月定例会に提出する十五億一千五百四十三万円の一般会計補正予算案など二十七議案と報告一件を発表した。九月に入札が不調となった新市民体育センター(仮称)の建設工事費が十三億一千万円増額になることも明らかにした。

 センターは二〇二四年の滋賀国体(国民スポーツ大会)の会場にもなる。九月の入札には二者が応じたが、いずれも予定価格を超過した。市は入札した業者などに聞き取り調査をし、工事内容を見直した。

 建設工事の債務負担行為の期間を二〇二二年度までに一年延長。総事業費は外構工事費を六千万円減額し、十二億五千万円増の九十四億七千万円を見込む。市は経費抑制に努めるとともに、県補助金の増額要望や、市内外の個人、団体、企業から寄付を募り、財源を確保する。

 定例会で補正予算案が可決されれば、年内に公告し、来年三月にも契約を結びたい考えも示した。供用開始はこれまで予定していた二二年四月から同年十二月にずれ込む。全体の完成予定は二三年三月を目指し、同年六月に開かれる国民スポーツ大会の弓道のプレ大会には間に合わせる。

 大久保貴市長は「市民体育センターが利用できない期間が長引き、おわびする。市民の皆さんに喜んでいただけるよう、全力を傾けていく」と話した。

 (稲垣遥謹)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索