トップ > 滋賀 > 11月24日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

週末は乗り鉄+「飲み鉄」!? 近江鉄道、ワイン電車を運行

ワイン電車内で乾杯する乗客=彦根市で

写真

 近江鉄道(彦根市)は十二月十五日までの毎週金、土、日曜日に、秋のイベント電車「近江鉄道ワイン電車2019」を運行している。

 夏の「近江ビア電」、冬の「近江の地酒電車」とともに毎年開催している恒例イベントで、今年で五回目。初提供の「シャンパーニュ・シャルル・ド・カザノーヴ・ブリュット」(フランス)のほか、「ラブレ・ロワ・ボージョレ・ヌーボー」(同)など赤白それぞれ三種類のワインが飲み放題。

 同僚に誘われ参加した多賀町の沢田真佑さん(23)は「電車の中でお酒を飲む機会なんてあまりないので、特別な気分にさせてくれる」と満足そう。

 近江鉄道の広報担当は「昼の運行では車窓から紅葉を眺めることもできる。普段味わえない非日常を楽しんでほしい」と話した。

 一日十三便あり、一便当たり七十二人が乗車可能。出発駅や発車時刻は日によって変わる。料金は一人五千円(税込み)。ワイン・ソフトドリンク飲み放題で、オードブルのほか一日フリー乗車券が付く。乗車日五日前までに、近江トラベル予約センターへ電話するか、七日前までに近江鉄道ホームページで予約する。十二月一日、八日はソムリエの滝沢好紀さんによるワイン解説もある。(問)同センター=0749(24)8103

 (倉掛雅史)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索