トップ > 滋賀 > 11月21日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

AIでキャベツを自動収穫 彦根でスマート農業の研修会

キャベツの自動収穫機の実演を見学する参加者=彦根市日夏町で

写真

 ロボット技術を活用し農業の省力化や収益向上を目指す県スマート農業実証プロジェクトの現地研修会が二十日、彦根市甘呂町の市南地区公民館などであった。県内を中心に農家や農業関係者二百三十人が出席した。

 プロジェクトを周知し、スマート農業の機運を高めようと、初めて開いた。立命館大学理工学部の深尾隆則教授が「農業機械の自動化について」と題し、農業就業者数の減少や高齢化が進む現状を踏まえ、自動化の必要を訴えた。

 公民館近くのほ場では、人工知能(AI)によるキャベツの自動収穫機や無人トラクターなどの実演もあった。

 (稲垣遥謹)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索