トップ > 滋賀 > 11月20日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

県内の高校生求人、10年連続増

 滋賀労働局は、来春卒業予定の県内の高校生を対象にした求人数が、9月末時点で前年同期比9.2%増の4848人だったと発表した。10年連続の増加で、2年連続で4000人を超えた。

 リーマン・ショックの影響を受けた2010年3月卒の求人数は1633人で、この約3倍にあたる。業種別では、卸売り・小売業や建設業、製造業など、大半で求人が増えた。規模別では、1000人以上の企業以外は全て求人が増えた。

 就職希望者数は前年同月比4.1%増の2387人。就職を希望する高校生1人当たり、いくつの求人があるかを示す求人倍率は、9年連続の上昇となる同0.09ポイント増の2.03倍だった。

 滋賀労働局の担当者は「大卒より高卒の方が、地元の中小企業は採りやすいため、高卒の採用に移行している」と分析した。

 (堀尾法道)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索