トップ > 滋賀 > 11月17日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

女性クリエーターを元気に 信楽でクラフトフェスタ

多くの来場者でにぎわう会場=甲賀市信楽町勅旨の県立陶芸の森で

写真

大好評の「きみちゃんのお茶漬け」=甲賀市信楽町勅旨の県立陶芸の森で

写真

 信楽ゆかりの女性クリエーターを中心としたイベント「しがらき森のクラフトフェスタ」(中日新聞社後援)が十六日、甲賀市信楽町勅旨の「県立陶芸の森・太陽の広場」で始まった。十七日まで。

 NHK連続テレビ小説「スカーレット」にちなみ、女性の力で信楽を盛り上げようと、陶芸家やギャラリー主宰者らによる実行委員会が初めて企画。やきものやガラス、布などのクリエーターらが五十ブースを出店している。

 県内外から多くの人々が訪れ、出店者らとの会話を楽しみながらじっくり品定め。子どもたちはブローチの絵付けなどのワークショップも楽しんでいた。

 飲食ブースでは、地元の女性グループ「しがらきマルシェ」が開発した「きみちゃんのお茶漬け」が、百食近く売れる人気ぶり。

 「スカーレット」のヒロイン、川原喜美子が大阪で女中として作るお茶漬けをイメージしたといい、信楽町多羅尾産の日野菜漬けやたくあんなどをふんだんに用い、朝宮茶を注いだ。

 京都市右京区から訪れた六十代の夫婦は「こんなに女性陶芸家がいるとは知らなかった。斬新なデザインもあり、信楽の元気を感じる」と話した。

 (築山栄太郎)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索