トップ > 滋賀 > 11月16日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

中山間地、自動運転で結べ 東近江・奥永源寺で実証実験スタート

利用者を乗せて走る自動運転車両。アスファルト上の黒い線が電磁誘導線=東近江市で

写真

 東近江市の道の駅「奥永源寺渓流の里」を拠点とした自動運転車の実証実験が十五日、始まった。十二月二十日まで、高齢化が進む中山間地域をゴルフカート型の車両が行き来し、二〇二〇年以降の実用化を目指して利便性や乗り心地を検証する。

 実験主体は、国交省や県、東近江市などでつくる協議会。道の駅のある蓼畑町から黄和田町、杠葉尾町までの往復四・四キロを六カ所の停留所で結ぶ。平日は六便、休日は七便運行し、道の駅への買い物客や農産物の出荷者といった地元住民のほか、鈴鹿十座への登山者ら観光客も乗せる。

 使用するのは、六人乗りの小型電気自動車。自動時は時速十二キロほどで、アスファルトに敷設された電磁誘導線をセンサーで読み取りながら走行する。

 誘導線上に障害物があったり、対向車と行き交ったりする場合などは手動に切り替える。運転席には、事前に研修を受けた普通自動車免許を持つ六十〜八十代の地元住民、助手席には実験事業の受託先の業者が同乗する。乗車予約の受け付けや非常時の対応は、道の駅内にある事務局が担い、車両に搭載されたカメラで車内外の様子をリアルタイムで確認する。

 同様の実験は全国七例目。国交省近畿地方整備局の横山健司道路構造保全官は「乗車した人にはアンケートやヒアリングにも協力してもらい、導入に向けた仕組みを検討したい」としている。

 乗車には、事務局へ電話予約の上、電気代として二十円を支払う。

 (問)事務局=080(7485)5025

 (斎藤航輝)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索