トップ > 滋賀 > 11月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

障害者も出演、劇で学ぶバリアフリー 大津で10日まで

障害者の実体験を題材に、劇を演じる役者たち=大津市浜大津のスカイプラザ浜大津で

写真

 障害者と健常者がともに出演する演劇公演「共生のまち大津・演劇プロジェクト」(中日新聞社後援)が九日、同市浜大津のスカイプラザ浜大津で始まった。十日まで。

 演劇を通して「心のバリアフリー化」を進めようと、二年前から市の補助事業として実施。障害者も所属する劇団「まちプロ一座」と、市民劇団「グループ『橋』」、「有(たもつ)座」が、それぞれ約一時間の劇を上演。約百五十人が拍手を送った。

 この日のまちプロ一座の主題は「健常者とのバリアーがどこにあるのか」。洋服を選びたくても介助者に決められたり、言葉が伝わっていないのに分かったふりをされたりと、心理的な障壁を感じた役者の実体験を描いた。十人の役者が障害の有無を乗り越え、ユーモアたっぷりに演じた。

 主演の橋本あささんは「(健常者との間の)どこかに壁があるから、分かり合えない。ただ、そこで諦めずに、乗り越えようと思えば壁は越えられると伝えたかった」と話した。

 十日の上演は午後一時から。入場料千五百円。

 (土井紫)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索