トップ > 滋賀 > 11月6日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

戦国武将で観光PR 大津市と近江八幡市

キャンペーンに合わせて作られた、琵琶湖にゆかりのある武将のカード=大津市坂本の西教寺で

写真

 大津市は明智光秀、近江八幡市は織田信長と、ゆかりある戦国武将に焦点を当てて、両市が連携して実施する観光キャンペーン「戦国に笑う」が、両市内で行われている。来年二月二十九日まで。

 びわ湖大津観光協会と、近江八幡観光物産協会が共同で企画。琵琶湖を舞台に戦国武将を描いた漫画「煉獄(れんごく)に笑う」を活用し、若い世代からの注目を狙う。

 期間中、西教寺(大津市坂本)や旧竹林院(同)、安土城郭資料館(近江八幡市安土町)などの関連施設を訪れると、キャラクターのカードを受け取ることができる。全六種類ある。九日からは、西教寺や安土城郭資料館で漫画の原画展も行う。十二月八日までで、それぞれ拝観料や入館料が必要。

 担当者は「大津市と近江八幡市、どちらも歴史の舞台となった場所。いろいろな面から滋賀を見て、楽しんでほしい」と話した。

 (土井紫)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索