トップ > 滋賀 > 11月4日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

市民の力で城下に活気 彦根パレード

華やかな演奏でパレードを彩った小学生のマーチングバンド=彦根市で

写真

 彦根市で三日に行われた「ひこねの城まつりパレード」では、初代彦根藩主井伊直政にふんしたEXILEの松本利夫さんとともに、近江高校吹奏楽部や旭森小学校のマーチング隊などが演奏を響かせ行進。彦根鉄砲隊による空包射撃なども披露され、城一帯は熱気に包まれた。

 市と彦根観光協会が主催し六十七回目。今年は九万八千人の来場者が訪れた。パレードは城東小学校を発着点に、七百人の参加者が二時間かけて京町通りや夢京橋キャッスルロードなど約三キロのコースを練り歩いた。

 市のマスコットキャラクター「ひこにゃん」も行進。沿道から手を振る観客に愛嬌(あいきょう)を振りまいた。

 彦根城博物館敷地内では、彦根鉄砲隊八人による火縄銃の空包射撃が行われたほか、彦根鳶保存会のメンバーが華麗なはしご登りを披露した。

馬上から沿道の人たちに手を振る井伊直政役の松本さん=彦根市で

写真

 パレードに小学六年の娘が参加していたという市内の大菅知恵子さん(38)は「感動的なマーチングをした娘にありがとうと伝えたい。良い経験になったと思う」と笑顔を見せた。はしご登りに消防団の兄が旗手として関わったと話す草津市の尾高佑樹さん(25)は「にぎやかな祭りを今年も見られた。兄の姿もかっこよかった」と語った。

 (倉掛雅史)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索