トップ > 滋賀 > 10月29日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

三成ゆかり、マンホールでPR 長浜・米原・彦根の観光活性化協

「三成マンホール」のデザイン(長浜市提供)

写真

 長浜、米原、彦根の3市でつくる「びわ湖・近江路観光圏活性化協議会」は、3市を戦国武将・石田三成のゆかりの地としてPRするマンホールふたをつくった。「三成マンホール」と銘打って11月初旬に3市の7カ所に設置し、周遊スタンプラリーを実施する。

 デザインは、三成の兜(かぶと)の特徴である大きな二本の「脇立(わきだて)」を左右に配置。中央は、三成お手植えと伝わる藤の花(米原市)や居城の佐和山城(彦根市)、書状などを多く残した筆まめさにちなむ毛筆、旗印をカラフルに描き込んだ。

 大阪市の米山佳世さんの作品で、今夏の公募で集まった県内外の二十三点から選ばれた。

 設置場所は、生誕地にある石田会館(長浜市)や、豊臣秀吉と出会った「三献の茶」の逸話が残る大原観音寺(米原市)、山頂に本丸跡がある佐和山城跡山麓(彦根市)など。

 スタンプラリーは十一月三日から二月二日で、設置場所付近で押せる。四カ所分集めると景品がもらえ、七カ所全部で後日抽選の「コンプリート賞」に応募できる。

 同協議会の担当者は「マンホールふたは長く残る。ゆかりの地として継続的な発信につなげたい」と話している。(問)同協議会=0749(65)6521

 (川添智史)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索