トップ > 滋賀 > 10月23日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

即位の礼、県内各地でも祝意

 天皇陛下の「即位礼正殿の儀」が行われた22日、県内でも各地で即位を祝う行事があった。日吉大社(大津市坂本)や多賀大社(犬上郡多賀町)は即位礼の「当日祭」を行い、彦根市内ではご当地キャラクター「ひこにゃん」が観光客らとともに祝意を示した。

◆厳かに「当日祭」 日吉大社

記帳所で署名する参列者ら=大津市坂本の日吉大社で

写真

 日吉大社は、天皇陛下の即位礼を祝い国家の繁栄を祈る「当日祭」を、西本宮で営んだ。厳かな雰囲気の中、祝詞の奏上や神楽の奉奏がされた。

 同大社役員や氏子、一般参列者ら約百五十人が集まり、代表者が玉串を奉納。一同は君が代の斉唱、万歳三唱をして、新たな時代の始まりを祝った。馬渕直樹宮司は「日本の伝統に思いをはせ、永遠にこの国が栄えていくことをお祈りしましょう」とあいさつした。

 西本宮楼門前に設けられた記帳所には、約五百三十人の署名が集まった。宮内庁へ届けられる。

 妊娠中の妻と訪れた同市坂本の濱田明英さん(52)は「妻は平成元年生まれで、子どもは令和元年生まれになる。平和な皇室が、日本という国と一緒に、末永く続いてほしい」と話した。

 (土井紫)

◆ひこにゃん、小旗振り振り

国旗を振って祝意を表す「ひこにゃん」=彦根市の四番町スクエアで

写真

 彦根市の人気キャラクター「ひこにゃん」は、日の丸の小旗を振って即位を祝福した。

 彦根城天守前、四番町スクエア、彦根城博物館前で開く恒例のパフォーマンスの際、小旗を持って登場。観光客は歓声を上げ、カメラのシャッターを切っていた。

 静岡市から訪れた高橋伸旭さん(29)は「かわいい祝意だった。ひこにゃんと一緒に即位を祝えて良かった」と話していた。 

 (安江紗那子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索