トップ > 滋賀 > 10月19日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

関電の金品受領問題で知事に経緯説明 高島が高浜原発30キロ圏

 関西電力の役員が、高浜原発が立地する福井県高浜町の元助役から多額の金品を受領していた問題で、同社の幹部が十八日、滋賀県庁を訪れ、三日月大造知事と面談して経緯などを説明した。三日月知事は、全容を解明し、説明責任を果たすよう求めた。

 高浜原発から三十キロ圏内に、同県高島市の一部が含まれることなどから、関電側から説明の申し入れがあった。関電の稲田浩二副社長が、これまで同社が記者会見で公表した内容と、経営側としての考えを改めて説明。「滋賀県、県民の皆さまの信頼を裏切った。信頼回復に努めていきたい」と陳謝した。

 三日月知事は「極めて遺憾。公益企業としての信頼を大きく失墜させる、憂慮すべき事態」と非難。地域における電力の安定供給と災害対応のためにも、現場の社員らの士気が落ちないように、対応を求めた。

 また、「原発の再稼働や安全協定が、一企業の一部の層と、(立地自治体の)一個人との不透明な関係の上で築かれているというのであれば、原発行政のあり方が問われる事態」と指摘。自治体によって関電との安全協定の内容に差が生じている状況を踏まえ、「万が一のことが起これば、被害が及ぶエリアに県境は存在しない。今後の自治体との関係づくりについて、新たなルール作りに取り組んでほしい」と求めた。

 関電側はこれまでに、高島市と長浜市も訪れ、同様の説明をしたという。

 (芳賀美幸)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索