トップ > 滋賀 > 10月18日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

不老長寿の果実「ムベ」を皇室へ 近江八幡 

ムベの実を竹かごに納める(右から)小西市長、深井宮司ら=近江八幡市役所で

写真

 近江八幡市北津田町の大嶋・奥津嶋神社の深井武臣宮司(77)ら三人が十七日、不老長寿のいわれがある果実「ムベ」を皇室に献上するため、市役所で小西理市長と共に、十五個の果実を竹かごに納めた。十八日に宮内庁へ届ける。

 ムベはアケビ科の植物。社伝によると、七世紀に天智天皇がこの地で八人の子をもつ老夫婦と出会い、長寿と元気の理由を尋ねた。老夫婦が「これを食べています」と果実を献上し、賞味した天皇が甘くて素朴な味に「むべなるかな(もっともだな)」と述べたことから、ムベと名付けられたという。

 以来、地元では毎年秋にムベを皇室へ献上。一九八二年にいったん途絶えたものの、二〇〇二年に氏子らが復活させた。

 ムベを手に取った小西市長は「今年の実は立派ですね」と感心し、「令和の御世代わりに納めさせていただくのは、とても光栄」と述べた。深井宮司は「天皇陛下が健康で、令和の時代が長く安泰であることを祈念して、届けて参りたい」と話した。

 (平井剛)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索