トップ > 滋賀 > 9月5日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

ベトナムで初の海外工場 長浜の橋本クロス

ベトナム工場で導入予定の加工機械=長浜市南浜町の橋本クロスで

写真

 業務用フィルターなどを製造販売する橋本クロス(長浜市)は、ベトナムで建設中の初の海外工場を十一月に稼働させる。国内市場の縮小と、東南アジアでの需要拡大を見据えた措置。現地の日系企業などへの製品供給で事業拡大を図る。

 同社は不織布などの高度な加工技術を持ち、汚れを拭き取る業務用の「ワイピングクロス」や、工場設備などに取り付けて霧状の油分などから内部を守るフィルターなど二千品目以上を手掛ける。

 近年は国内製造業の海外拠点化が進む一方、こうした高品質な消耗資材は現地で手に入りにくい事情があり、新工場はこうした需要に応える狙い。東南アジア各地のオートバイや自動車工場などのほか、日本、米国向けの販売も見込む。

 新工場は、設備面などで優遇される、ハノイ郊外にある日系企業専用の「ドンバン3(ローマ数字の3)工業団地」に設ける。十一月に稼働する第一工場は延べ床面積約六千平方メートルで、現行の本社工場の一・五倍。一万平方メートルの第二工場も計画しており、現在購入している製品原料の不織布の製造を検討している。

 橋本浩之社長は「まずは日系企業の需要に応え、将来的には外国企業にも販路を広げたい」と話した。

 (川添智史)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索