トップ > 滋賀 > 8月11日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

地元グルメGP開幕 草津「イナズマ」出店へ熱戦

多くの来場者が、滋賀にちなんだグルメを味わった会場=草津市野村のYMITアリーナで

写真

 九月に草津市で開催される野外音楽イベント「イナズマロックフェス」に向けて、飲食店がフェスへの出店権をかけて競う「イナズマフードグランプリ」が十日、同市野村のYMITアリーナで始まった。十一日まで。

 県内外から集まった四十店のうち、来場者の投票による審査で上位二十位までが、フェスに出店する権利を得る。滋賀の味を広めるため、県内に店があるか、県産食材を使うことが参加の条件。近江牛を長浜の地ビールで煮込んだカレーなど、特色豊かなグルメが並んだ。琵琶湖で捕れるニゴイを使ったハンバーガーを出品した県漁協連合会の横江拓郎さん(38)は「ニゴイは食べてみるとおいしい。イベントで多くの人に味を知ってほしい」と話した。

 五回目の今年は、広い屋内会場を確保できたことで、ステージイベントが充実。十日はお笑いコンビのスーパーマラドーナや、ミュージシャンのマークパンサーさんらが会場を盛り上げた。十一日はお笑い芸人のひょっこりはんさんや、歌手のファンキー加藤さんらが登場する。

 入場無料。十一日は午前十時〜午後八時四十五分。イナズマロックフェスは同市の烏丸半島で、九月二十一、二十二日にある。

 (岡屋京佑)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索