トップ > 滋賀 > 8月9日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

宗派超え宗教者900人、恒久平和へ祈り 延暦寺

鐘の音に合わせて黙とうし、平和を祈る諸宗教の代表=4日、大津市の比叡山延暦寺で

写真

 世界の諸宗教の代表者が一堂に会する「世界平和祈りの集い」が、大津市の比叡山延暦寺で開かれた。仏教やキリスト教、イスラム教などさまざまな宗教者ら九百人が、宗教や宗派の違いを超えて平和への祈りをささげた。

 式典の冒頭で、全国から集まった青少年研修生たちが透明の球体に青、白、緑の三色の折り鶴を奉納し、地球に見立てたオブジェを完成させた。続いて研修生の代表が「世界平和の鐘」を鳴らし、諸宗教の指導者が壇上で黙とうした。

 森川宏映天台座主(93)は「自国第一という立場に固執して不信を募らせ、武力による威嚇も後を絶たない」と述べ、現在の国際情勢への懸念を表明。「暴力と憎悪の連鎖を断ち切り、ともに祈って世界の恒久平和を実現しよう」と連帯を呼び掛けた。

 一九八六年に当時のローマ法王の呼び掛けで、イタリアにあるキリスト教の聖地アッシジに世界の宗教指導者が集まったことをきっかけにして、翌年に「比叡山宗教サミット」が開かれた。以来、その精神を受け継ぎ、祈りの集いを毎年開いている。

 (岡屋京佑)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索