トップ > 滋賀 > 7月26日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

園児の散歩を見守る「キッズガード」第1号 大津の晴嵐保育園

園児にあいさつをする田中さん(右)と越市長=大津市の晴嵐保育園で

写真

 大津市で5月、散歩中の園児らの列に車が突っ込み、園児2人が死亡した事故を受けて、同市は市晴嵐保育園で25日、住民が園児の散歩を見守る「キッズガード」の試行実施を始めた。ガードの第1号として、晴嵐学区に暮らす元保育士、田中敦美さん(53)が就任した。

 この日の就任式で、田中さんは四、五歳児五十四人に「道路が危なくないかな、と気を付けよう。お散歩を楽しみにしています」とあいさつ。激励に訪れた越直美市長は「安全にお散歩してください」と話した。

 キッズガードは、小学校の登下校時の見守りと同様に、ボランティアが園児の散歩を見守る活動。越市長の要望を受け、国は事故後、導入の検討を進めている。国の制度化に先駆けて、市がモデル的に同園と私立園の二園で試行を始めた。

 今後は月三回程度、田中さんが黄色の旗を持って散歩に付き添う予定。田中さんは「運転手に『子どもたちがいるよ』とアピールし、できれば世の中全体が優しい運転をするようになってほしい」と話した。この日は四歳児二十六人が散歩する予定だったが、猛暑のため中止した。

 (作山哲平)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索