トップ > 滋賀 > 7月11日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

温水プール建設開始 野洲クリーンセンター隣接地

施設の完成イメージ図

写真

 野洲市大篠原の野洲クリーンセンターの隣接地で、余熱を利用した温水プールなどの施設の建設が始まった。二〇二〇年前半の完成を目指す。

 市が所有権を持ち、資金調達から設計・施工、完成後の維持・管理運営までを民間事業者が一手に請け負うBTO方式を、同市で初めて採用。特別目的会社「野洲すいむ8NEXT−PFI」と二十五億七千万円の事業契約を結び、四一年度まで運営してもらう。

 施設は鉄骨三階建て、延べ床面積二千八百平方メートル。二十五メートルコースが八コースある温水プールや、水深五五センチの幼児プール、温浴施設のほか、特産物販売所やトレーニングルーム、スタジオなども備える。

 市の担当者は、完成後の施設について「元気と健康を生み出す、持続可能な活性化拠点にしていきたい」と話している。

 (平井剛)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索