トップ > 滋賀 > 6月24日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

東レ選手、児童生徒とバレー交流 草津

東レアローズの選手から、トスのこつを教わる児童ら=草津市野村のYMITアリーナで

写真

 七月の利用開始に向けて、草津市が建設を進めてきた体育施設「YMIT(ワイミット)アリーナ」(草津市野村)で二十三日、完成を祝うVリーグ女子の記念試合「東レアローズ−トヨタ車体クインシーズ」があった。東レ選手によるバレー体験教室もあり、地元の児童や生徒たちがボール遊びやプレーを楽しんだ。

 体験教室には小学四年生から高校生までの百四人が参加。経験などに応じて三つのグループに分かれ、東レの選手たちとパスやボール遊びで交流をした。選手から「両手で三角形を作って」などとトスのこつを教わったり、選手チームを相手にミニゲームを楽しんだりした。

 体験した同市草津中学校二年生の織戸花帆さん(13)は「選手にすごく優しくしてもらえて、こつも教えていただいた」と感謝。選手のプレーには「アタックのジャンプの高さがすごい」と驚いていた。

 記念試合は三セット制で行われ、東レが2−1でトヨタ車体を破った。約三千五百人収容のメインアリーナに、激しいスパイクやレシーブの音が響き渡る中、約二千三百人が試合観戦を楽しんだ。

 (作山哲平)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索