トップ > 滋賀 > 6月22日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

梅の実、青々とたわわ 大津で収穫期

収穫期を迎え、たわわに実った梅の実=大津市大石龍門で

写真

 大津市大石龍門の和菓子製造販売「叶匠寿庵(かのうしょうじゅあん)」にある「寿長生(すない)の郷」の梅林で、梅の実が収穫の時期を迎えている。真夏のような日差しを浴び、青々とした実がたわわに実っている。

 一万五千平方メートルの梅林に、果肉が厚く香りの強い「城州白梅(じょうしゅうはくばい)」約千本を栽培している。今年の実はやや小ぶりだが、中身はしっかりしており、例年並みの十二トン以上を収穫する見込みという。

 和菓子などの材料用だが、一般客も一人五百円で、七月二日まで梅狩りができる。持ち帰りは、一キロにつき千八十円。水曜定休。

 (横田信哉)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索