トップ > 滋賀 > 6月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

草津「YMITアリーナ」公開 メイン客席数、県内2番目

完成した「YMITアリーナ」=草津市野村で

写真

 草津市が同市野村で建設を進めていたスポーツ施設「YMITアリーナ」の内覧会が十日に開かれ、県内二番目の規模を誇るメインアリーナなどが公開された。同市は「スポーツ振興や市街地活性化の拠点となってほしい」としている。

 施設は、鉄筋コンクリート一部鉄骨造りの二階建て。二〇一七年から総事業費約六十九億円で建設した。

 メインアリーナは約二千平方メートル。バスケットボールでコート二面分、バレーボールで同三面分を設けられる広さがあり、スポーツ大会や集会、大規模展示会に使える。一階の可動席と二階客席を合わせて最大三千五百人を収容でき、客席数は大津市の「ウカルちゃんアリーナ」に次ぐ規模。

最大で3500人を収容できるメインアリーナ=草津市野村で

写真

 北側には、バレーやバスケットボールができる八百八十平方メートルのサブアリーナがあり、両アリーナとも冷暖房を完備している。

 内覧会ではほかに、大型の鏡を備えた百九十平方メートルの多目的室や、防災用品を備えた倉庫、会議室が公開された。今月二十三日には、バレーボール「Vリーグ」女子一部に所属する地元の「東レアローズ」による記念試合があり、無料で観戦できる。

 (作山哲平)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索