トップ > 滋賀 > 6月9日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

山中教授、長浜でiPS語る 「一般的治療まで頑張る」

iPS細胞の可能性について語る山中教授=長浜市の長浜文化芸術会館で

写真

 2012年にノーベル医学生理学賞を受賞した京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授が7日夕、長浜市の長浜文化芸術会館で講演した。「iPS細胞がひらく新しい医学」と題し、市内の中高生や大学生ら450人に最先端の研究を分かりやすく紹介した。

 山中教授は、体のさまざまな細胞に変化させることができる人工多能性幹細胞(iPS細胞)について、失われた機能を回復させる再生医療への利用の現状について解説。ヒトのiPS細胞作製を発表してから十二年がたった現在は、パーキンソン病や心不全、糖尿病などの治療に向けて研究が進んでいると紹介した。

 実用化に向けては、作製から移植までに掛かる時間と費用を課題に挙げた。解決策の一例として、いざという時のために事前に作ったiPS細胞を保存しておく「ストック」の取り組みを紹介し、「一日でも早く、iPS技術が一般的な治療になるまで頑張っていきたい」と意欲を示した。

 子どもたちからは「研究がうまくいかないときの解決法は」との質問もあり、「実験は十回やって一回成功すればいい方。失敗は、ヒントを得ることができるチャンスという考え方が大事」と助言した。

 講演会は、市と京都大が二〇〇八年から共同で健診事業を実施している縁で実現。事業に協力している市内のNPO法人「健康づくり0次クラブ」が開いた。

 (渡辺大地)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索