トップ > 滋賀 > 5月5日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

急斜面を下るみこし 東近江で「伊庭の坂下し祭」

切り立つ崖を豪快に下るみこし=東近江市伊庭町で

写真

 3基のみこしを引きずり急斜面を下る奇祭「伊庭(いば)の坂下し祭」が4日、東近江市伊庭町の繖山(きぬがさやま)であった。

 五穀豊穣(ほうじょう)を願う繖峰三(さんぽうさん)神社の例祭で、みこしの重さは、それぞれ400キロ以上。道中は断崖絶壁など難所の連続で、氏子の男衆が「よいとこせーのそれ」と声をそろえ、山頂付近の拝殿から麓の大鳥居まで、約500メートルを4時間かけて下った。

 最大の見せ場は、「二本松」と呼ばれる高さ6メートルの切り立つ崖。若衆をみこしに載せて豪快に滑りきると、大勢の見物客から拍手と歓声が上がった。

 (横田信哉)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索