トップ > 滋賀 > 5月4日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

絢爛、曳山14基が集結 日野祭本祭、節目の850年目

続々と曳山が宮入りし、にぎわう境内=日野町村井の馬見岡綿向神社で

写真

 江戸時代から伝わる豪華絢爛(けんらん)な曳山(ひきやま)が見どころの日野祭(県指定無形民俗文化財)の本祭が三日、日野町村井の馬見岡綿向(うまみおかわたむき)神社周辺であった。

 同神社の春の例大祭で、神社に伝わる江戸時代の絵馬では起源が一一七〇年とされていて、今年は八百五十年目にあたる。

 朝、各地区が管理する曳山が蔵から引き出され、神社に向けて出発した。春の陽気の中、曳山に乗り込んだはやし方による笛や太鼓の祭りばやしが旧日野商人の邸宅が多く残る町中心部に響き渡った。

 午前十一時すぎには十四基が境内に集結。各地区が毎年作り替えている人形飾り「だし」も曳山の屋根上に飾られた。竹取物語や花咲かじいさんなどの昔話の一場面を切り取ったものから、地元ゆかりの戦国武将蒲生氏郷をモチーフにしたもの、今年話題になった小惑星探査機「はやぶさ2」をかたどったものまで、各地区が工夫を凝らした力作が並んだ。詰め掛けた地元住民や見物客らはカメラを向けて記念撮影するなど、思い思いに楽しんだ。

 (小原健太)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索