トップ > 滋賀 > 4月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

琵琶湖、今冬は“深呼吸”せず 県調査開始以来初「全循環」確認なし

 琵琶湖の表層と湖底の水が完全に混ざり合う現象「全循環」が大幅に遅れている問題で、県は9日、今冬は確認できなかったと発表した。全循環が確認されなかったのは、調査を始めた1979年以来初めて。

 全循環は、冬の水温低下で酸素を豊富に含んだ表層の水が低層に沈み込み、酸素濃度の低い湖底の水を押し上げて混ざることで、湖全体の酸素濃度が一定になる現象。湖底まで酸素が行き渡るため「琵琶湖の深呼吸」とも呼ばれている。

 県は、昨夏の猛暑の影響で湖面の水温が下がり切らず、循環しにくくなっていることが原因とみている。全循環は例年、2月ごろにみられる現象だが、これまでに最も遅かった2006年の3月19日からすでに3週間が経過していた。

 調査は、県が毎月2〜4回、高島市の今津沖で実施。今月8日にも湖底付近(水深90メートル)の5地点で調査したが、いずれも酸素濃度が水1リットル当たり5〜8.2ミリグラムで、表層(同50センチ)の11.6ミリグラムには程遠かった。

 現時点では、湖底の生物の生息に影響をもたらす同2ミリグラムを上回るが、酸素濃度は例年、秋にかけて下がっていくという。県は例年より調査の回数や地点を増やし、酸素濃度を注視していくという。

 (成田嵩憲)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索