トップ > 滋賀 > 3月31日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

スペイン代表ユニ着て地元ハンドチーム見学 ひこにゃん

スペインにまつわるクイズを出題するユニホーム姿のひこにゃん=24日、彦根市高宮町で

写真

 彦根市の人気キャラクター「ひこにゃん」の着ぐるみが、ハンドボールのスペイン代表チームのユニホームを着用し、同市高宮町のブリヂストン体育館に登場した。

 ユニホームの背には、ローマ字で「HIKONYAN」と名前が記されている。

 市はスペイン代表が2020年東京五輪の出場権を獲得できれば、市内で事前合宿する協定を結んでおり、市民の機運を高めようと初めてユニホームを製作。王立スペインハンドボール連盟の許可を得て、ユニホーム姿のひこにゃんが実現した。ひこにゃんが洋服を着るのは珍しいという。

 ひこにゃんは、地元の小学生ハンドボールチーム「ジュニアレイカーズ」の練習を見学し、子どもたちにスペインの名物料理や国旗にまつわるクイズを出題。シュート練習にも加わったが、ボールはゴールのはるか手前に転がっていった。

 藤塚海さん(12)は「ユニホーム姿のひこにゃんは、いつもよりかっこよかった」、神鳥琉真さん(12)も「珍しくて、とてもかわいらしかった」と話していた。

 (大橋貴史)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索