トップ > 滋賀 > 3月25日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

平安絵巻、道中華やかに あいの土山斎王群行

輿に乗った斎王役の黄瀬さんを中心に練り歩く行列=甲賀市土山町で

写真

 天皇即位の際、名代として伊勢神宮へ遣わされた未婚の皇女・斎王の行列をしのぶ「第二十二回あいの土山斎王群行」が二十四日、甲賀市土山町であり、旧東海道沿いに平安絵巻を繰り広げた。

 土山町にある垂水(たるみ)斎王頓宮(とんぐう)跡は、五カ所あった斎王の臨時の宿泊施設としては唯一、国史跡に指定されている。群行は、十二単(ひとえ)に身を包んだ斎王役のびわこ学院大四年、黄瀬真彩(まあや)さん(22)=同市信楽町長野=を輿(こし)に乗せ、大野小学校を出発。県内外から参加した平安装束の約七十人が、松並木や茶畑を背景に、三キロ余り東の頓宮跡を目指した。

 童女(わらわめ)の一人を務めた同市貴生川小学校四年、遠藤百笑(もえ)さん(10)は「きれいな衣装を着て、街道沿いのいろいろな景色を見ながら歩けたので、楽しかったです」と話した。

 (築山栄太郎)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索