トップ > 滋賀 > 3月20日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

「ひつじのショーン」の世界に浸る 米原の観光農園で内覧会

園児と触れ合うショーン=米原市多和田のローザンベリー多和田で

写真

 世界的人気を誇る英国アニメ「ひつじのショーン」の世界観を再現した施設が米原市多和田の体験型観光農園「ローザンベリー多和田」で23日、プレオープンを迎える。19日は、関係者や地元園児らに内部が公開された。

 名称は「ひつじのショーン ファームガーデン」。「羊のふれあい牧場」に隣接した五千平方メートルで、昨年五月から整備を進めてきた。ミニチュア展示などはこれまでもあったが、人が入れる大きさの施設は世界初。

 アニメに登場する「牧場主の家」と「ひつじたちの小屋」は現実世界の大きさに換算し、再現。制作会社「アードマン・アニメーションズ」が監修し、食器や内装の壁紙、壁面の汚れなど細部までこだわった。愉快な日常を送るヒツジたちの世界観に浸れる。

 ガーデン内には、演奏会などに使える多目的施設「ローザンハウス」、英国風の軽食やグッズを販売する「ヒルサイドカフェ」も。ローザンベリー多和田を運営するメリーデイズの大沢恵理子社長(62)は「アニメの世界をそのまま再現できた。家族で楽しんでもらいたい」と呼び掛ける。

現実世界の大きさで再現された「牧場主の家」。ショーンはガーデンオリジナル衣装で出迎える=米原市多和田のローザンベリー多和田で

写真

 内覧会には米原、長浜市の幼稚園、保育園児六百人も招待。英国式庭園を有する施設にちなんだ造園作業用エプロンを身に付け、麦わら帽子を背負ったオリジナル衣装のショーンが出迎え、ハイタッチや記念撮影をして交流を楽しんだ。長浜市南郷里幼稚園の中野秀ちゃん(5つ)は「楽しかったからまた来たい」と話した。

 年間十五万人の来場を目指す。三十一日午前十一時から記念式典を開く。午前十時〜午後五時。火曜休園。入園料は中学生以上千円、三歳以上五百円。(問)ローザンベリー多和田=0749(54)2323

 (稲垣遥謹)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索