トップ > 滋賀 > 2月25日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

火災に備え放水手順確認 彦根市消防本部などが訓練

手際良く一斉放水する訓練参加者=彦根市西今町の平和堂本部で

写真

 春季全国火災予防運動(三月一〜七日)に先立ち、彦根市消防本部と市消防団は二十四日、同市西今町の平和堂本部と周辺で、火災防御訓練を実施した。

 消防署員と市内十五分団の団員ら百八十七人が参加。午前八時、平和堂本部一階から出火したとの想定で、消防ポンプ車やはしご車など四十三台が出動。参加者は機敏に行動し、放水までの手順を確認した。

 訓練後、大久保貴市長が「いつ来るか分からない災害に対応する防災力を向上させるには、今回のような訓練を積み重ねるしかない」とあいさつした。

 (稲垣遥謹)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索