トップ > 長野 > 2月11日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

チョウザメバーガー、最優秀に 豊丘で初の料理コンテスト

最優秀賞の「南信州ナポレオンバーガー」を掲げる片町さん(左)とチョウザメ大使の成美さん=豊丘村で

写真

 豊丘村で養殖プロジェクトが進むチョウザメを使った初めての料理コンテストが九日、村交流センターだいちで開かれた。和食やフレンチ、ファストフードまで多彩なアイデアメニューが登場。最優秀賞には、飯田市南信濃の郷土料理店「食楽工房 元家」代表取締役、片町元彦さん(44)が考案した「南信州ナポレオンバーガー」が選ばれた。

 片町さんは、老若男女が気軽に食べられるようにと、チョウザメのファストフード化を提案。「皇帝魚」とも呼ばれることから、ナポレオンの名を冠することで話題性も狙ったという。

 ナポレオンバーガーは、揚げたチョウザメの身を地元の有機野菜と一緒にバンズに挟み、タルタルソースで味付け。南信濃名物の小さなジャガイモ「二度芋」チップも加えたほか、バンズは焼いてクリームチーズを塗るなどの工夫も凝らした。タルタルソースの酸味とチーズのコクがしっかりとした肉質のチョウザメと絶妙にマッチしており、食が進むという。

 コンテストは、伊那谷の調理師十一人が料理を披露しながらプレゼンテーション。下平喜隆村長をはじめ来場者が審査に当たり、味や彩り、独創性などを採点した。

 片町さんは「非常にうれしいが、責任感も感じる」と、チョウザメの普及を約束。この日、村のチョウザメ大使に就いた伊那谷出身のご当地アイドル成美さん(30)も審査員として参加し「道の駅などですぐにでも食べたい一品」と太鼓判を押した。

 二位は、久保田春樹さん考案の「チョウザメの低温ローストフキノトウのグラタンと市田柿のソース」と、稲垣孝俊さん考案の「豊丘産古代魚!皇帝卵かけご飯!」が選ばれた。ナポレオンバーガーは、三月八日に同村の南信州とよおかマルシェで開く「チョウザメ祭り」で提供される。

 (伊勢村優樹)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索