トップ > 長野 > 12月3日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

会社同僚、トラブルか 上田の殺人未遂、近隣住民に動揺

男性が刺された集合住宅を捜査する警察官ら=上田市で

写真

 上田市上田原の集合住宅で一日夕、男性会社員(30)が包丁で刺された事件。殺人未遂容疑で逮捕された貝原直人容疑者(34)=同市上田=は男性と同じ会社に勤務していたとみられ、何らかのトラブルを抱えていたとみられている。規制線が張られた現場周辺の住宅街は物々しい雰囲気に包まれ、住民に不安が広がった。

 「一階の入り口には血痕がついていた。怖かったのですぐに戸締まりした」。同じ集合住宅に住む男性会社員(38)は、不安げな表情を見せた。現場では一日夜から捜査員による現場検証が続けられ、近くに住む六十代の女性は「トラブルは聞いたことない。びっくりしている」と話した。

 現場は上田電鉄別所線の赤坂上駅から南に三百メートルほど離れた住宅街。貝原容疑者は一日深夜に上田署に出頭したものの、事件を受けて上田市教委は二日朝、現場周辺にある小中学校計五校の保護者に、児童・生徒に付き添って登校してもらうよう緊急メールを配信した。

 貝原容疑者の自宅近くに住む六十代女性は「ニュースで事件を知ったけど、まさかこんな近くに容疑者がいるとは」と驚く。貝原容疑者は周辺住民との交流がほとんどなく、近隣の五十代男性は「どういう人が住んでいるかわからない」と話していた。

 (安永陽祐、城石愛麻、今坂直暉)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索