トップ > 長野 > 11月28日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

マンホールカード、諏訪市が仲間入り 14日から配布

12月に配布が始まる諏訪市のマンホールカード=諏訪市提供

写真

 諏訪市は十二月十四日から、諏訪湖の花火や高島城などが描かれた下水道マンホールふたの写真を掲載した「マンホールカード」を無料配布する。その地域ならではのふたを紹介する、コレクターも多い人気のカード。市の担当者は「諏訪市を訪れ、名物や名所に興味を持ってもらえれば」と話している。

 市は今年七月、公共下水道供用開始四十周年の節目に合わせ、マンホールふたを新たなデザインに変更。公募で選んだ図案を採用し、JR上諏訪駅東口の「アーク諏訪」前の歩道に第一号となるカラーのふたを設置した。老朽化したふたから順次入れ替えている。

 カードの表面にカラーふたの写真と設置場所の座標、裏面にはデザインの趣旨を掲載した。カードは当面四千枚を用意し、JR上諏訪駅の市観光案内所で一人一枚限定で配布する。

 時間は午前九時から午後五時半。事前予約や郵送の申し込みは受け付けない。

 マンホールカードは国土交通省や水道関連業者などでつくる団体「下水道広報プラットホーム」が企画。第十一弾となる今回は諏訪市を含む六十三自治体・団体の六十六種類を発行する。

 (中沢稔之)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索