トップ > 長野 > 11月26日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

エス・バードに3万8000人 飯田の産業振興拠点

 飯田市の旧飯田工業高跡地に今年一月に開所した産業振興と人材育成の拠点「エス・バード」に、十月までに三万八千人が訪れたことが二十五日、分かった。同日開会した市議会定例会の冒頭あいさつで、牧野光朗市長が明らかにした。国や県、産業界や地域団体などから千五百人以上の視察を受け入れたという。

 牧野市長によると、十月二十三、二十四の両日には「第一回航空機システム環境評価試験シンポジウム」を開催。国内の航空機産業関連メーカーなど五十七社が全国から参加した。航空法の改正や航空機装備品産業についての最新情報を提供し、国内唯一の試験機器を紹介して注目を集めたと報告した。

 市長は「視察数からもエス・バードへの関心は高いと認識しており、今後も施設の役割や機能などを丁寧に説明し、さらなる周知、利用の促進につなげていく」と述べた。

 (伊勢村優樹)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索