トップ > 長野 > 9月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

リニア県駅周辺の事業費は91億円 飯田市が基本設計の最終案

リニア県駅周辺のイメージ図=飯田市提供、一部画像加工

写真

 飯田市が同市上郷飯沼に整備するリニア中央新幹線県駅周辺六・五ヘクタールの基本設計を練る有識者や地元住民らのデザイン会議が十一日、市役所で開かれ、市側が、駅のシンボルとして検討してきた広さ約一・六ヘクタールに及ぶ木製の「大屋根」を取り入れた基本設計の最終案を公表した。事業費が概算で九十一億円になるとの見通しも初めて明らかになった。

 駅周辺の整備をめぐり、市は二〇一七年六月、乗り換えの利便性を重視する「広域交通拠点」と位置付け、駐車場や交通広場、魅力発信施設などを建設する基本計画を決定。その後、「伊那谷らしさ」を基本理念に掲げながら、市民らから「信州らしさが見えにくい」との指摘が上がり、同会議や市民ワークショップなどで大屋根の設置を検討してきた。

 基本設計案などによると、森林資源が豊富な地域特性を踏まえ、県産木材を使った伝統工法の「木格子(きごうし)」を連ねて巨大な屋根を建設し、森のように駅舎を南北に展開する。大屋根の下は店舗スペースを設け、個々で建築の更新が可能な分棟配置に。雨や強い日差しを防いで、催しなど住民がコミュニティー活動の場としても活用できる空間にする。

 基本設計案は当初、今年三月に発表予定だったが、市は駐車場の台数を七百五十台から五百台に縮小するなど、改めて内容の検討や事業費の精査をしてきた。市は、維持費として年間六千五百万円を見込み、牧野光朗市長は「絵に描いた餅に終わらないように取り組む。九十一億円のうち、整備工事費は四十一億円。これは市役所本庁舎の整備工事費四十五億円よりも少ないものの、今後コスト圧縮を図り、持続可能なプロジェクトにしていく」と強調した。

 市は十月から実施設計の準備を進めるとともに、基本設計案に関するパブリックコメントを募り、修正案を市議会十二月定例会で報告する予定。デザイン会議の会長で、都市づくりパブリックデザインセンター顧問の小沢一郎さんは「良いものができたと思っている。駅をショーケースとして世界に示せるような大きな志を持ち、実施設計に取り組んでほしい」と話した。

 (伊勢村優樹、飯塚大輝、寺岡葵)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索