トップ > 長野 > 6月7日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

もっと宇宙学ぶ場に 飯田市、ネットワーク設立へ

宇宙教育の一環で本年度行うイベントをPRするポスター=飯田市役所で

写真

 飯田市は本年度、飯田下伊那地域で宇宙天文教育や普及活動を行う団体、個人に呼び掛けて「飯田天文ネットワーク(仮称)」を立ち上げる。飯田に航空宇宙産業に関わる会社がある特性を生かし、推進する宇宙教育の一環。主にメーリングリストを通じて情報交換するほか、連携して市民に学びの場を提供し、人材育成も目指す。

 対象は飯伊地域を活動の場としている団体や高校生以上の個人。各種の勉強会や見学会をはじめ、観望会などそれぞれが実施している事業の情報交換や告知、参加協力などを計画している。事務局は市美術博物館に置く。

 同館によると、地域には宇宙天文教育や普及に努める団体や個人が多く「ネットワークをつくることで、各団体や個人をつなぎ市民に分かりやすく情報発信ができる」としている。二十二日午後五時二十分から、同館講堂で設立説明会を開く予定。参加自由。

 市はまた、本年度の宇宙教育として、各地区の公民館と連携して地域資源を生かした天文観察などを開催する。好評だった昨年度に引き続き、美術博物館で行われるプラネタリウムの投影や科学工作教室などが対象のスタンプラリーも行い、人気漫画「宇宙兄弟」のグッズがもらえるとPRしている。

 美博開館三十周年事業として、七月二十一日には和歌山大の秋山演亮教授を講師に迎え、天文講演会「アポロの月着陸から50年! 君は月に行けるか?」を同館で開く。定員九十人(予約優先)。参加無料。(問)美術博物館=0265(22)8118

 (伊勢村優樹)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索