トップ > 長野 > 5月18日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

松本の男性、はしか感染 県が注意呼び掛け

 県は十七日、松本市の二十代男性がはしかに感染したと発表した。はしかウイルスの感染力は非常に強く、男性は不特定多数と接触した可能性があるため注意を呼び掛けている。

 県保健・疾病対策課によると、男性は十一日から頭痛や発熱、発疹などの症状が出始めて、十五日に市内の医療機関を受診した。県環境保全研究所の検査で十七日、はしかと確定した。

 県は、男性が滞在した同市のファミリマート松本元町店を十一日午後十時〜十二日午前零時十分ごろ、信州大付属図書館中央図書館を十三日午後二時半〜午後六時ごろ、デリシア元町店を十五日午後二時〜午後四時半ごろに利用した人は感染の恐れがあるとして、注意を促している。

 潜伏期間は十〜十二日。同課の担当者は「連休終了から十日ほどとなり、感染者が今後増えるかもしれない。高熱や発疹などの症状が出たら、すぐ医療機関の受診を」と訴える。マスクでは予防できず、男性は予防接種を受けていたが感染し、症状は軽めだったという。 

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索