トップ > 三重 > 3月25日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

尾鷲沖の新種ゴカイ、世界が注目 鳥羽水族館学芸員が発見

ゴカイの新種「タコヤドリゴカイ」=鳥羽水族館提供

写真

 鳥羽水族館(鳥羽市)は23日、同館学芸員が2017年に尾鷲市沖で発見した海洋生物の新種、タコヤドリゴカイが、世界各国の研究者らでつくる海洋データベース「国際海洋生物種目録」の「19年の注目すべき海洋生物10種」に選ばれたと発表した。

 森滝丈也学芸員(50)によると、一七年十一月、尾鷲市沖の水深約一五〇メートルから、底引き網漁で捕獲されたタコの体表に生息していたところを発見した。

 体長は成体で一センチほど。他の生物に宿り、共生するヤドリゴカイの一種だが、タコとの共生例は知られていなかった。他の研究者ら計三人との共同研究で新種の「タコヤドリゴカイ」として報告。論文は一九年一月に、英国の学術誌に掲載された。

 今回、「注目すべき海洋生物十種」の一つとして選ばれた理由として、深海メタンや熱水が噴出する生態系に生息するヤドリゴカイ類の一員でありながら、比較的浅い熊野灘から初めて報告されたことや、この新種が世界でも一個体しか見つかっていないことなどを挙げている。

 森滝さんは月一回のペースで、漁船に乗って熊野灘沖に出て、海の生き物を採取し調べている。「海洋生物のみを対象にしたデータベースでトップテンに選ばれたことは意義深い。熊野灘は調査されていない海洋生物が多く、これからも採取を続けたい」と話している。同館では現在、タコヤドリゴカイの標本や生体の展示はしていない。

 (北浜修)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索