トップ > 三重 > 1月27日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

鳥羽亜矢海が就任します 温泉郷観光大使、市振興会が任命

お披露目された「鳥羽亜矢海」=(c)温泉むすめ/Enbound,Inc

写真

 全国の温泉地で展開される萌(も)えキャラ「温泉むすめ」の一環で、鳥羽市温泉振興会は二十六日、鳥羽をアピールする「鳥羽亜矢海(あやみ)」を鳥羽温泉郷観光大使に任命した。

 温泉むすめは東京の「エンバウンド」が二〇一七年から取り組む企画で、県内の津・榊原、志摩を含む温泉地百二十カ所でそれぞれキャラを作成。東京五輪のインバウンドに向けた観光庁の「Your Japan」の三コンテンツに選ばれている。観光大使の任命は有馬(神戸市)、道後(松山市)などに続き国内七カ所目で、台湾にも一カ所ある。

 鳥羽亜矢海はダイビングや海が好きで、イルカの群れを見つける特技を持つ高校生くらいの女の子という設定。声優の会沢紗弥さん(20)が声を務める。

吉川会長から任命証を手渡される会沢さん(右)=鳥羽市の鳥羽マリンターミナルで

写真

 任命式が同日、鳥羽市の鳥羽マリンターミナルであり、任命証を手渡された会沢さんは「鳥羽の魅力をたくさんの人に伝えたい」と抱負。振興会長の吉川勝也・市観光協会長(68)は「若い男性にも温泉の良さが伝わり、鳥羽に足を運んでもらえれば」と期待した。

 鳥羽ではスタンプラリーやグッズなどの展開を考えるほか、四月には県内三カ所の声優を集めたトークショーを開く。同社の橋本竜社長(42)は「地域活性化のツールの一つとして、愛されるキャラに育ってほしい」と話した。

 (西山和宏)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索