トップ > 三重 > 11月17日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

電動キックボード試乗体験 四日市市民公園で24日開催

子どもでも試乗体験できる電動キックボード=四日市市役所で

写真

 四日市市が公道で導入を検討する電動キックボードの試乗体験が二十四日、同市安島一の市民公園で開かれる。第十五回四日市よさこい祭りの中で実施し、市は「簡単に乗れるので、子どももぜひ乗ってみてほしい」と呼び掛けている。

 電動キックボードは、助走以外はこがずに進む。最高時速二十キロで、手元にアクセルとブレーキがある。試乗体験では、スタッフが補助しながら定められた三百平方メートル内で周回する。

 道路交通法では原付きバイクに位置付けられ、公道を走るには免許が必要で、ウインカー、ナンバープレートを付けなければならない。今回の試乗体験は公園内のため、対象は十二〜七十歳と幅広く設定した。

 市は四月、スマートフォンアプリによる電動キックボードの貸し出し、返却サービスを提供する会社「Luup(ループ)」(東京)と、実証実験に関する連携協定を結んだ。森智広市長は「近鉄四日市駅とJR四日市駅の回遊性を上げるための手段になる」と期待した。

 午前十一時から午後二時まで。参加無料。(問)市都市計画課=059(354)8095

 (高島碧)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索