トップ > 三重 > 11月9日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

「コンプライアンス意識欠けた」 県議長、アンケート修正要求で

 県立名張高校で昨年十一月にあった「みえ県議会出前講座」で、アンケートに批判的な意見を書いた教諭に、県議会事務局が修正を求めた問題で、中嶋年規議長は八日、県議会各会派の代表者会議で、「コンプライアンス意識に欠けた言動だった」と述べ、再発防止に努めるとした。

 中嶋議長は「アンケートに追記や修正を求めることは絶対にやってはいけない。県議会としては再発防止に向け、コンプライアンス意識の徹底を図りたい」と話した。

 出前講座を企画する県議会広聴広報会議の座長を務める北川裕之副議長は「県民の信頼を揺るがすもので、おわび申し上げたい」と謝罪。湯浅真子議会事務局長も「職員の対応は不適切な行為で、おわび申し上げる。職員全体でコンプライアンス意識の徹底、共有を行う」と話した。

 出前講座には県議二人が出向き、議会の役割などを説明。アンケートは講座後に生徒と教諭が無記名で答え、事務局に郵送された。

 教諭の「生徒にとってはプラスになったか極めて分かりにくい」などの記述に、事務局側が電話とメールで学校側に修正を求めたが、学校側が拒んだ。

 (熊崎未奈)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索