トップ > 三重 > 11月1日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

具、レメキ選手は我らの誇り ラグビーのホンダヒートで報告会

チームメートから花束をもらい、拍手を浴びる具選手(左)とレメキ選手=鈴鹿市のホンダアクティブランドで

写真

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で日本代表として出場したホンダヒートの具智元(グジウォン)選手(25)とレメキ・ロマノラバ選手(30)が三十一日、鈴鹿市のホンダアクティブランドで結果報告会を開いた。チームメートからねぎらいの言葉を受け、今季のトップリーグで昨季九位からの飛躍を誓い合った。

 激戦を終え長期休養中の両選手は、練習を終えたチームメートが待つグラウンドを訪れると、大きな拍手を浴びて迎えられた。サプライズで花束を受け取ると、二人は笑顔を見せて喜んだ。

 ダニー・リーヘッドコーチ(43)は「大きな舞台で良いパフォーマンスを見せ、マイナースポーツのラグビーを(日本で)大きなものにしてくれた。本当に誇りに思う」とねぎらった。

 小林亮太キャプテン(28)はW杯での両選手の活躍に触れ、「トップリーグで二人と一緒に大暴れしたい」と呼び掛け、全員でチームの応援歌を歌って士気を高めた。

 報告会前に開いた記者会見では、両選手は目標としていたベスト8を達成した喜びを語ったほか、「ホンダの社員やチームメートから応援のメッセージが届いてうれしかった」と明かした。

 来年一月から始まるトップリーグに向け、具選手は「自分の仕事はスクラム。W杯を通じて得た大きな自信を忘れずに、昨季より良い成績を狙いたい」と意気込んだ。

 レメキ選手は「今年のホンダヒートは強い」と語り、「(W杯だけでなく)トップリーグの試合もたくさんの人に見てもらって、ラグビーの面白さを知ってほしい」と呼び掛けた。

 (渡辺雄紀)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索