トップ > 三重 > 8月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

樋口さん、ありがとう 四中工サッカー部前監督へ「感謝の集い」

感謝の気持ちを語る樋口さん=四日市市内のホテルで

写真

 四日市中央工業高校サッカー部の樋口士郎前監督の功績をたたえ、長年の労をねぎらう退任パーティー「感謝の集い」が十二日夜、四日市市内のホテルで開かれた。四中工サッカー部OB会が主催し、集まった関係者約百五十人が樋口さんに感謝を示し、今後の活躍を願った。

 城雄士初代監督があいさつに立ち、樋口さんとのエピソードを披露しながら、「バリバリやってもらった。羽ばたく選手を育ててもらった。ありがとう」と言葉を掛けた。岡村芳成校長も「長い間の功績をすべての四中工出身者が感じている。三重県のサッカー界の発展にご尽力いただけると思う」とエールを送った。

 社会人サッカーチーム「FC伊勢志摩」の小倉隆史理事長やJ2京都サンガの中田一三監督、四中工のコーチ陣もそれぞれ登壇し、樋口さんに感謝やメッセージを伝えた。三代目監督を務める伊室陽介さんから記念品を手渡される場面も。

 樋口さんは「指導者人生は幸せでした」と切り出し、城さんやOB、スタッフ、出席者らに感謝の気持ちを伝えた。

 樋口さんは川越町出身で、高校時代に四中工主将として全国高校サッカー選手権大会で準優勝した。ホンダなどで活躍した後、一九九一年に母校に赴任し、サッカー部コーチを経て、九五年から二代目監督に就任。二〇一一年度に選手権準優勝に導くなどしたほか、多くのプロサッカー選手を育てた。今年三月に教員を早期退職し、日本フットボールリーグ(JFL)のヴィアティン三重の強化部長兼アカデミーダイレクターに就いた。

 (梅田歳晴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索