トップ > 三重 > 8月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

熊野大花火、26日に延期 台風の影響で

 熊野市と市観光協会は十一日、市内の七里御浜海岸で十七日に開催予定の熊野大花火大会を、二十六日に延期すると発表した。台風10号による高波で世界遺産「鬼ケ城」の仕掛け花火の準備ができず、花火を打ち上げる台船も来られないことから延期を決めたという。延期は二〇一五年以来。

 十一日午前九時に市観光協会のホームページなどを通じて公表した。協会事務所には延期を確認する電話の問い合わせが相次いだ。市は市街地に駐車場や交通規制を示す看板を約二百枚設置していたが、強風で飛ぶ恐れがある約五十枚を撤去する対応に追われた。有料浜席や危険区域などを区切る「浜割り」を二十一日に行い、午後五時から場所取りを解禁する。

 十七日が土曜日とあって昨年より三万人多い二十万人の来場を見込んでいただけに、市観光協会の中平孝之会長は「残念の一言に尽きる。期待していたお客さんに申し訳ない」と肩を落とした。

 (木造康博)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索