トップ > 三重 > 7月11日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

人気の菅島灯台、13日に一般公開 鳥羽海保

写真

 鳥羽海上保安部は十三日午前九時〜午後三時、鳥羽市の離島・菅島にある国登録有形文化財「菅島灯台」=写真=を一般公開する。入場無料。

 灯台は同海保が管理。通常は閉鎖されているが、島で開かれる海女の祭事「しろんご祭」に合わせて年一回公開。内部の階段を上り、踊り場からの眺望が楽しめる。

 菅島灯台は英国の技師の指導で建設された。れんが造りの高さ九・七メートルで、一八七三(明治六)年七月一日に点灯した。現存する国内最古の西洋式灯台で二〇一〇年、国登録有形文化財に登録された。欧州の古城の塔のような外見も人気を集めている。

 (問)鳥羽海保=0599(25)2303

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索