トップ > 三重 > 5月23日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

桑名石取祭は公式タオルで 保存会が新グッズ販売へ

桑名石取祭保存会の公式グッズに加わったタオル=桑名市本町の桑名宗社で

写真

 桑名石取祭保存会(桑名市)の公式グッズにタオルが新たに加わった。六月二日から四百枚を販売し、収益を祭りの運営に充てる。

 赤、青など四色あり、それぞれ百枚を用意した。一大産地である大阪府泉州地方で織られたタオルで、肌触りが良く吸水性に優れている。桑名石取祭は猛暑が想定される八月初旬。保存会の伊藤文郎会長は「ぬらせば熱中症対策にもなるのでは。真夏の祭りを楽しむのにぜひ使ってほしい」と話している。

 一枚千円。二日は桑名市本町の桑名宗社(春日神社)で、三日からは同市京町の市石取会館でも販売される。保存会は、祭りのPRと簡易トイレやごみ箱の設置費など運営資金の捻出のため、扇子やミニチュア鉦(かね)ストラップ、ガイドブックなどの公式グッズを製作、販売している。

 桑名石取祭の本楽(ほんがく)は八月四日。この日の祭車渡祭の順番を決める御籤占式(みくじうらないしき)が六月二日に桑名宗社で行われるのを皮切りに、神事や行事が約二カ月にわたって続く。

 (谷村卓哉)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索