トップ > 三重 > 5月15日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

「伊賀FCくノ一三重」に改称へ 「県の代表」押し出す

新チーム名を記したポスターを掲げる柘植代表(左)と山下GM=伊賀市西明寺で

写真

 女子サッカーなでしこリーグ一部の伊賀FCくノ一は十四日、市内のホテルで記者会見し、二〇二〇年二月からチーム名を「伊賀FCくノ一三重」に改めると発表した。県名を入れ「三重を代表するチーム」を前面に押し出す。

 遠征する際、「伊賀」だけでは本拠地を分かってもらえないことがあり、県内全域でチームになじんでもらうのが狙い。県内各地での試合やサッカー教室を増やすなど活動の範囲を広げる。

 十九日に上野運動公園競技場で開催するホーム戦でアナウンスするほか、ホームページやポスターなどを通じ浸透を図る。柘植満博球団代表は「オール三重として頑張っていきたい」とあいさつした。山下恭典ゼネラルマネジャー(GM)は「三重、伊賀にこのチームありと認知させる」と話し、東海地区唯一のトップクラブを目指すとした。日本サッカー協会(JFA)が設立を検討するプロリーグへの参入も視野に「良い選手、指導者を生み出す環境づくりや運営の事業化」を掲げた。

 (日暮大輔)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索