トップ > 三重 > 5月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

黄色の赤福、仲間入り 広がるトウモロコシ風味

トウモロコシを使った黄あんの餅が新たに入る「いすず野あそび餅」=赤福提供

写真

 「黄色い赤福餅」を発売すると、和菓子の赤福(伊勢市)が十三日に発表した。トウモロコシをつぶしてこしあんに練り込んでおり、創業三百十二年の歴史で初の試みという。伊勢市宇治浦田の赤福五十鈴川店だけで提供している「いすず野あそび餅」に入れて、二十日から販売される。

 同社総務課の担当者は「トウモロコシの風味が口に広がるよう工夫した。甘さを抑えており、新しい味わいを楽しめると思う」と話している。

 昨年六月に発売した野あそび餅は、定番の赤福餅に加えて、白小豆の白あん、大麦若葉の緑あん、黒砂糖の黒あんのあんころ餅が二個ずつ入った八個入り商品。連日、行列ができて売り切れとなっている人気ぶりだ。定番の赤福餅を黄あんに入れ替えることで、見た目も鮮やかになる。

 毎日午後零時半から、五十鈴川店で限定五百箱を販売。一箱七百六十円で、一人五箱まで。(問)赤福=0596(22)2154

 (大島康介)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索