トップ > 三重 > 3月15日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

早咲き梅4000本見頃 いなべ・藤原の梅林公園

多様な梅が咲き誇る梅林公園=いなべ市藤原町鼎で

写真

 四千本の梅が立ち並ぶいなべ市藤原町鼎(かなえ)の梅林公園で、梅が見頃を迎えている。指定管理者のサンパークいなべによると、見頃は十八日ごろまで続くという。

 公園の広さは三十八ヘクタールで、梅林公園としては東海地方最大級。今年は気温が高かった影響で、開花が例年より十日ほど早い二月初旬だった。ピンクの花が来場者の足元まで垂れる「呉服(くれは)しだれ」など百種類の梅が人気で、昨年は八万人が訪れた。

 会場にはそばなどいなべの名物を提供するブースも出展し、来場者は広い敷地で梅を楽しむ合間に舌鼓を打った。市の担当者は「土日は一万人以上が訪れる日もあり非常に混雑する。平日の来場を検討してほしい」と呼び掛けた。

 入園料は大人五百円、小学生以下無料。午前八時半〜午後四時。(問)サンパークいなべ=0594(46)8377

 (西川拓)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索