トップ > 三重 > 3月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

要介護3以上「外せば」 投票率巡り杉谷・津市議

 津市の杉谷育生市議(72)が六日の市議会一般質問で、選挙の投票率を上げる対策について述べる中、「自分で意思決定できない要介護3以上の方は、投票率の計算から外してはどうか」という趣旨の発言をしたことが分かった。質問後に議長に対し、議事録からの削除を求めた。

 市議は発言を認め、投票率の分母(有権者数)から外すという趣旨だったと説明し「要介護の方や介護をしている方に不愉快な思いをさせてしまい、おわびしたい」と話した。

 取材に対し、市議は「母親が要介護4で意思疎通ができないこともあり、そのような人が投票率の計算から外されれば、投票率が上がると思っての発言。投票率が上がれば、県民の声が正確に反映できると思った」と話した。

 杉谷市議は二〇〇六年の市議選で初当選し、現在四期目。自民系の会派に所属している。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索